« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008/10/29

Max Factory 「figma 鶴屋さん 制服ver.」

Figma_tsuruya3_001

全画像クリックで別窓開きます。

SOS団勢ぞろいで終止符が打たれるかと思っていた「ハルヒシリーズ」に、忘れてはいけないこの御方“6人目”の鶴屋さんが仲間入りです。

こなた、関羽等と同じ長髪キャラですが、今回からは後ろ髪にも間接を仕込み可動が可能になっているので、髪の毛の干渉を気にせずに遊ぶことが出来るようになりました。

Figma_tsuruya3_002

他キャラには無い「Vサイン」の手パーツが付属します。

Figma_tsuruya3_003

Figma_tsuruya3_004

Figma_tsuruya3_005

Figma_tsuruya3_006

なんと喜緑さんの顔パーツが付属。挿げ替えることによって喜緑さんもfigmaに仲間入りです。

でも、結局みんな一緒に並べたかったらもう一体買えってことなのよね。分売りよりもえげつない売り方のような気もしないでもない。

でわ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/17

メガハウス 「RAH.DX ルナマリア・ホーク」

Lunamaria_001

全画像クリックで別窓開きます。

発売されるや否や、妹を置き去りにしてぶっちぎりの人気で売れたルナマリア。今ではフィギュアメーカーの先頭集団を走るメガハウスですが、無印種の頃に発売された3種もひっそりと売り切れるなどあまり注目はされてなかったのですが、このルナマリアによって人気爆発!後のミーア1stの衝撃も連鎖して一気に注目株にのし上がった。

現在も続くエクセレントモデルシリーズの起爆剤となった作品と言っても過言ではないだろう。

Lunamaria_002 Lunamaria_003

Lunamaria_004 Lunamaria_005

Lunamaria_006 Lunamaria_007

Lunamaria_008 Lunamaria_009

Lunamaria_010 Lunamaria_011

Lunamaria_012

Lunamaria_013

細かい技術的なことは新作には劣るが、何よりも顔の出来が抜群に素晴らしかった。ルナマリア1stの売れた理由はコレに尽きると思う。この後も2nd、3rdと発売されるがどれも1stを越える満足感をあたえてくれる物はなかった。

ミーア1stと接戦ではあるが、BEST of  ガン種フィギュアの称号を与えても良いと思う。

でわ!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008/10/13

ゲッツ!

Gets_2

掘り出し物とはこの事か!

と、小躍りしたくなる様な出会いでした。「捨てるくらいならば…… 」が合言葉のHOOBY OFFで遭遇、メガハウスのRAH.DXでは珍しく海賊版まで出回るほどの人気を博した、通称「ブルマリア」を何年越しだろう?遂に捕獲成功です!

手にとって直ぐに「海賊版と中身だけすり替えてあるんじゃ?」と思いましたが、直ぐ近くの棚に海賊版も並んでいました。外箱が無く、ブリスターとRAH.DXの文字がプリントされた厚紙の背景紙を、ビニール袋で梱包しただけの粗末な物です。当然フィギュア本体も相当粗末な塗装具合ですので、ここを読まれている方々ならば騙されて掴まされることは無いでしょう。「680円」の値札が付いていましたが、本来は値段をつけたらいけない商品なんでしょうね。

しかし!それにすら値段をつけてしまうのがHOOBY OFFが最終処分場と呼ばれる所以なのでしょう。買えた私は2,100円にホクホクですが、買取に持ち込んだ前オーナーは青ざめたでしょうね。プレミア査定をしてもらえるかと思いきや、十把一絡げの価格(多分、5、600円?)で買い取られたんですから。まぁ、プレミア価格で店頭に並んだ訳じゃないから店員は分かっててやったのか、分かってないのか?

でわ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/09

チャンピオンREDいちごVol.10特別付録 VITAセクスアリス 天音真央

Redvol10_001

全画像クリックで別窓開きます。

原型製作:CHICO

製作協力:壽屋

ヤングアニマル嵐と並び、シールの無いエロ漫画本の代表格「チャンピオンRED」に付属するのはこれまたトンでもないエロフィギュア。

サイズ的にキャストオフが無理なら透けさせろってことで。

Redvol10_002 Redvol10_005

Redvol10_003 Redvol10_004

最近は元気が無いですが、ミニサイズのフィギュアのノウハウを持っている壽屋の製作なので、とても安心できる物になっています。

そして、人肌で暖めるか、一緒に入浴するか、ほとばしる熱~いナニカを使うなどして加熱しますと……

Redvol10_006

このように白水着にチェンジングします。私の真央は不良品なのか、なぜか胸の一部が変色しません。

コレはいかん!

でわ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/06

海洋堂 「フロイライン リボルテック 010 ヨーコ」

Revo_yoko_001

全画像クリックで別窓開きます。

アイマスには興味が無かったので私としては久しぶりのリボフロですが、なにやら新開発の間接が仕込まれるようになったようです。

プロポーションについて言えば、先行のMMSヨーコに比べ大分むっちりしていて「コレこそヨーコだよ!」って人も多いんじゃないかな?何より背面のビス穴が無いのが大きな違いだろう。

付属品に関してはMMSと大差なし。ブータがいないくらいか?

Revo_yoko_002

Revo_yoko_003

Revo_yoko_004

Revo_yoko_005

Revo_yoko_006

Revo_yoko_007

某通販ショップでは今まで以上の間接保持力と謳ってましたが、くるぶしの間接が如何せん弱い感じ。個体差かもしれませんが、台座があてになら無いリボフロにとってコレ致命的!ちょっとマイナス点。あと、相変わらずお尻の間接が可愛くない……

でわ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/02

グッドスマイルカンパニー 「キャラクター・ボーカル・シリーズ01 初音ミク」

Gsc_miku_001

全画像クリックで別窓開きます。

原型製作:YOSHI

スケール:1/8

予約開始されるや否や即予約完売!2次出荷分も即完売!天井知らずのミク人気を受けて、グスマックス連合としては「ねんどろいど」「figma」に続いて3番目のリリースとなる「初音ミク 1/8」です。

個人的にお気に入りのYOSHI氏の原型と言う事で、原型師買いの側面が大きかったのですが、箱から出してみると……超絶人気の即完売も頷けますね。

Gsc_miku_002 Gsc_miku_003

Gsc_miku_004 Gsc_miku_005

目を引くのは大きなツインテールですが、ABS製ですのでへたれる心配は無さそうですが、取り扱いに注意しないとポキッとやってしまうことはありそうです。

Gsc_miku_006

Gsc_miku_007 Gsc_miku_008

似てる似てないの議論の余地の無いお顔の出来です。

Gsc_miku_009

Gsc_miku_010

Gsc_miku_011 Gsc_miku_012

塗装は全体的にぬるぬるテカテカのCGをイメージした感じになっているのかな。

タンポ印刷のマーク類も丁寧に施されています。ガンプラに喩えるとVer.Ka

Gsc_miku_013

Gsc_miku_014 Gsc_miku_015

Gsc_miku_016

Gsc_miku_017

しまぱんにリペイントされてる方もちらほら見かけますが、超個人的に白地に緑リボンがツボッたのでそのままで良し。

Gsc_miku_018

Gsc_miku_019

この後にも各社から否ディフォルメのミクが発売されるかもしれませんが、「グッスマ製と比べると~」なんて言われるようなベンチマーク的存在になりそうですね。

でわ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »