« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007/10/29

バンダイ 魂スペック ドラグナー1 from “Opening Shilouette”

Barigonar_001

全画像クリックで別窓開きます。

1987~1988年にかけて放送された、「機甲戦記ドラグナー」に登場するメタルアーマー“ドラグナー1”を、前期オープニングにてアニメーションを担当した大張正己氏アレンジの、通称“バリグナー”で完成品トイ化され、少年期から続く我々のトラウマを解消してくれた商品。

ムーバブルフレームに外装を装着する魂スペックのコンセプトも、過去に同コンセプトのプラモデルが存在し、更にノスタルジーを感じさせてくれる。

また、近年の様々なゲーム媒体への作品登場のお陰で、放送当時に生まれた方々の目にも入る機会が増え、それが商品化への追い風になってくれたのだろう。

続きを読む "バンダイ 魂スペック ドラグナー1 from “Opening Shilouette”"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/27

グッドスマイルカンパニー 「ねんどろいど Fate/hollow ataraxia へたれ桜」

Hetaresakura_001

全画像クリックで別窓開きます。

原型製作:海老沢耕介(511 factory)

Hetaresakura_002

Fateのメインヒロイン桜です。へたれてますが桜です。

Hetaresakura_003

「今日は邪魔者達がいないから先輩と二人だけの夕食。フフフ♪」

「腕によりをかけて……で、食後は二人っきりで……(はあと」

Hetaresakura_004

「……え?兄さんと遊びに行くから帰りが遅くなる?夕飯も要らない?」

Hetaresakura_005 Hetaresakura_006

赦せない

「今夜は千載一遇のチャンスだったのにあの男(ひと)は……」

赦せない

「でも、もっと赦せないのはあのワカメ。桜の先輩に不埒な遊びを強制するなんて赦せない!例のものを持ってきて!」

Hetaresakura_007

「○月×日(晴天) ワカメを軽く半○しにする。日干しで乾燥ワカメにしようか、いっそ海に帰してやるべきか。」

Hetaresakura_008

全ては順調、これで先輩は私だけのモノ……フ、フフフ♪

でわ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/24

スクウェア・エニックス 「FINAL FANTASY TRADING ARTS Vol.2」

Ffta_015

全画像クリックで別窓開きます。

VINCENT(TURKS)

Ffta_001 Ffta_002

VINCENT VALENTINE

Ffta_003 Ffta_004

TIDUS

Ffta_005

Ffta_006

ZIDANE TRIBAL

Ffta_007 Ffta_008

RIKKU

Ffta_009

Ffta_010

SELPHIE TILMITT

Ffta_011 Ffta_012

TIFA LOCKHART

Ffta_013 Ffta_014

キャラクターのチョイス、造形、価格等々において、全くユーザーの方を向いていないような気がする商品。

ファンアイテムであると言えば通る世界であるかもしれませんが、ファンであるが故に許せないことも多い訳で、良い部分も多いシリーズではあったので是非、スクエニさんには考えを改めてもらってシリーズを再開してもらいたいと思う。

でわ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/22

ドラゴンエイジPure Vol.7特別付録 うき♪うき♪カッチもえ♪もえ♪フィギュア

Kacchi_001

全画像クリックで別窓開きます。

キャラクターデザイン:☆画野朗

製作協力:トイズ・プランニング

半年以上前に告知され読者の期待を煽りまくり、ついに登場したフィギュアがコレ!

想像を上回る出来栄えに、充実の満足感です。セールスポイントである、本物の浮き輪は小ささゆえに膨らませにくいのと、へそが出っ放しのなの玉に瑕。しかし、面白い試みである。

Kacchi_002

Kacchi_003

Kacchi_004

Kacchi_005 Kacchi_006

Kacchi_008 Kacchi_009

Kacchi_011

Kacchi_010

造形、塗装においては言うまでもなく、今までの雑誌付録フィギュアの中でも屈指の出来であろう。サイズも膝から下を省略した事によって、ガチャレベルを超えたサイズを確保しているので、ありがちなチープさも無くなっているのが良い。

そして注目は、カッチのポッチ!

でわ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/21

ホビージャパン 誌上限定通販  幻奏戦記 Ru/Li/Lu/Ra イズルハ黄金の歌姫Ver.

Izulha_001

全画像クリックで別窓開きます。

原型製作:キバヤシノリオ(アイアップ)

スケール:1/8

製作協力:メガハウス

月刊ホビージャパンの巻末で連載されていた漫画、「幻奏戦記 Ru/Li/Lu/Ra」のヒロイン“イズルハ”が同じ運命の少女達の命の力を受け取り、異世界の救世主となるため黄金の歌姫として覚醒した姿を、あのメガハウスが立体化!

キャラクターデザインは小笠原智史。たまに平井久司のキャラと間違われる。決して髪が伸びたカ○リではない。

Izulha_002 Izulha_003

Izulha_004 Izulha_005

儀式用の装束なので究めて薄着。元々男性のいない世界なので、露出度高くても関係ないっちゃ関係ないが、非常に扇情的である。

Izulha_006

Izulha_007 Izulha_008

完成度は、メガハウスのエクセレントモデルシリーズと同程度だと思ってもらえればよい。

クリアパーツの透け具合もいい按配で、相変わらず良い仕事をしてますなぁ。

Izulha_009

Izulha_010 Izulha_011

Izulha_012

ご覧の通りの滑らかな肢体が本作の魅力。

裸ありきで造られているその潔さが傑作を生むことになる。

Izulha_013 Izulha_014

Izulha_016

ローブを外した状態で既に官能的になって来ましたが、更に一段上のステージでこのフィギュアは最高のポテンシャルを発揮する。

Izulha_018

このイズルハのセールスポイントは、全裸にしても継ぎ目無しの胴体一発抜きにあります。頭部との接続箇所以外胴体には継ぎ目がなく、しなやかで美しい裸体を表現する事に成功しています。

誌上限定通販ゆえの、挑戦的な試みですね。

でも、継ぎ目はないのですが……スジはあるってことでですね、幻糸の吸いすぎで蟲化しても本望だ!と思った18歳以上の方は異世界アーカイアにダイブ!

あぁ……読参では銀の勢力につき、最終も歌姫と恋仲になる事もなく、現世に帰還できた訳でもないこんなヘタレ機奏英雄にも黄金の歌姫様は微笑んでくださる。厨ネーム全開だったMyキャラも、やっとうかばれそうです。

でわ!

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2007/10/17

黒アーンヴァル+アウタスキン/ワサンボン黒

Wasanbon_kuro_001

浅井真紀氏主宰の「eden plastica」で通信販売も始まった、アウタスキン/ワサンボンの黒を黒アーンヴァルに着せてみました。

足元はひれが凶悪そうな、ヴァッフェドルフィンのブーツを装備。

Wasanbon_kuro_002

さらに凶悪武器の一つ、ガトリングガンをEVAリボミニチュア武器セットから拝借。

ジャストフィットサイズ!

Wasanbon_kuro_003

「黒の団」結成?

随時増員の予定。

でわ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/15

海洋堂 「REVOLTECH 超時空要塞マクロス 劇場版ストライクバルキリーVF-1S」

Revo_vf1s_001

全画像クリックで別窓開きます。

原型製作:山口勝久

リボルテックマクロスシリーズ第二弾は、2連装ビーム砲付きファストッパック装備のVF-1S「ロイ・フォッカースペシャル」です。

基本的な可動は先に発売されたJ型と変わりはありませんが、なんと言っても2連装ビーム砲がさらにかっこよさを倍増させています。

Revo_vf1s_002

Revo_vf1s_003

Revo_vf1s_004

Revo_vf1s_005

Revo_vf1s_006

ホビーショップからの帰路、My車内ではフォッカー少佐に哀悼の意を込めて「愛・おぼえていますか」だったのは言うまでもない。

でわ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/12

メガハウス 「エクセレントモデル からくりサーカス タランダ・リーゼロッテ・橘」

Lotte_001

全画像クリックで別窓開きます。

原型製作:戸部仁人(ヘビーゲイジ)

スケール:1/8

たまに突拍子もないところからフィギュア化をするメガハウスが、週刊少年サンデー連載(現在終了)作品、「からくりサーカス」からリーゼロッテの立体化です。

Lotte_002 Lotte_003

Lotte_004 Lotte_005

Lotte_006 Lotte_007

Lotte_008

Lotte_010 Lotte_011

Lotte_009

え?外れるのはスカートじゃなくて帽子?!

でわ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/11

「内藤選手が勝つと思っていました。」

久しぶりに親子揃って一つのTVの前で、同じ番組を観賞。

家族の団欒を取り戻してくれた亀田親子には、感謝しなければならないようです。

それにしても、最後の無法っぷりは腹立たしい事この上なく、防衛後の内藤選手の憮然とした表情が全てを物語っていましたね。あんなのはボクシングじゃないでしょう?もしやドラゴンストップか!と思わせるほどの暴れっぷりに観戦者は呆れ返った事かと。

今日は少しだけ寝つきが良さそうです。

でわ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/10

コトブキヤ 「新世紀エヴァンゲリオン 惣流・アスカ・ラングレー ゴスロリver.」

Gothloliasuka_001

全画像クリックで別窓開きます。

原型製作:西村直起

スケール:1/7

貞本氏書下ろしのイラストを元に立体化されたアスカゴスロリVer.です。

コトブキヤは再販商品では肌の色が変色する。と言う噂がありますが、因みにコレは初版。

Gothloliasuka_002

Gothloliasuka_003 Gothloliasuka_004

Gothloliasuka_005 Gothloliasuka_006

Gothloliasuka_007 Gothloliasuka_008

Gothloliasuka_009 Gothloliasuka_010

Gothloliasuka_011

残念な事に折角のぱんつはノーマルでした。やはりココもフリフリのえろえろで造って欲しかった所ですね。

でわ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/06

やまと 「SIF EX ゲッターロボ 早乙女ミチル 」

Michiru_001

全画像クリックで別窓開きます。

原型製作:MERSA

スケール:1/6

作品中ではありえないであろう姿のミチルですが、元はイベント限定販売のガレージキットなので、えろいので許すってことで。

Michiru_002 Michiru_003

Michiru_004 Michiru_005

Michiru_006 Michiru_007

Michiru_008 Michiru_009

とんでもないエロボディーです。コレはゲッター線の浴びすぎで、いい方向に成長が促された結果なのでしょう。

Michiru_010 Michiru_012

はみけつというよりも、このフロントのズレ具合は……はみm(ry

Michiru_011

Michiru_013 Michiru_015 Michiru_016

ところで、そろそろMERSA氏原型製作の“南原ちづる”がPVC完成品で欲しいのですが、

マダー?(・∀・)っ/凵⌒☆チンチン

でわ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/05

Max Factory 「ひまわりっ! 日向ひまわり 」

Himawari_001

全画像クリックで別窓開きます。

原型制作:川畑和男(マックスファクトリー)

スケール:1/8

TVアニメ「ひまわりっ!」の主人公、「日向ひまわり」の立体化です。

キャラクター原案のokamaのテイストを損なうことなく、氏の極力直線を排したラインとデッサンが正確かと言えばそうではないが、確かな可愛さを表現しているキャラクターを原型師が丁寧に立体化。

okamaキャラフィギュアの上位にランクインさせたい商品です。

Himawari_002 Himawari_003

Himawari_004 Himawari_005

スカート越しのお尻のラインが(・∀・)イイ!

Himawari_006 Himawari_007

Himawari_009

Himawari_010 Himawari_011

立体化は難しいと思われたokama顔も見事に再現されています。

この柔らかい感じが、氏の魅力です。

Himawari_012

Himawari_013

モノグラム?と思いきや、手裏剣柄です。

Himawari_008

肝心のアニメ自体の人気がいまひとつ芳しくなく、商品もさほどヒットはしなかったようですが、これは明らかな秀作でありokamaファンとしては大満足であります。

でわ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/02

HOBBY STOCK 「つよきす 近衛素奈緒」

Sunao_001

全画像クリックで別窓開きます。

原型製作:中山善幸(硫黄泉)

スケール:1/8

ネット通販ショップ“ホビーストック”の限定取扱商品、PS2版“つよきす”のオリジナルヒロイン「近衛素奈緒」です。

PC版のあの娘やその娘を差し置いてフィギュア化3番手での登場に、一部ファンのツンメーターが振り切れてしまい、ちょっとだけ議論を呼ぶことになってしまった。

Sunao_002 Sunao_003

Sunao_004 Sunao_005

Sunao_006 Sunao_007

Sunao_008

悪くはないのだが、同原型師が製作した前2作に比べると、どうしてもインパクトが欠けるのは否めない。もう少しおいしいシチュエーションはなかったものだろうか?ファン以外には魅力を訴えかける要素が不足している。

因みに私は福袋で入手。

でわ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »