« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007/08/29

電撃大王10月号特別付録 「ヘカテー主への祈りVer.」

Hekate_001

全画像クリックで別窓開きます。

原型製作:バサロキック

電撃大王サマーキャンペーンファイナルは、「ヘカテー主への祈りVer.」です。

Hekate_002

Hekate_003 Hekate_004

外套と帽子は外せます。

Hekate_005

STEP1+吉田さんのいぬみみ

Hekate_006

STEP2+しゃなたんのねこみみ

Hekate_007

そして、はんけつ。

でわ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/27

ピットロード 「それゆけ!女性自衛官 海上自衛隊編Vol.1.5」

Wave_001

全画像クリックで別窓開きます。

残念な出来だったVol.1に改修を加え、1BOX6個でフルコンプ出来るようになって発売された商品。

軍事ヲタまで巻き込もうというのか!

鹿島あさひ 三等海尉 

常装冬服 幹部用

Wave_002

Wave_003 Wave_004

日向ちはや 一等海士

常装第2種夏服 曹士用

Wave_005

Wave_006 Wave_007

長門佳乃 二等海曹

常装冬服曹士用

Wave_008

Wave_009 Wave_010

同上

ジャンパー着用

Wave_011

Wave_012 Wave_013

春日楓 二等海士

カラーガード隊

Wave_014

Wave_015 Wave_016

涼波由良 三等海曹

カラーガード隊(リーダー)

Wave_017

Wave_018 Wave_019

Wave_020

他二名はちょっとムリっぽい。

でわ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/24

Max Factory 「西村キヌコレクション CAPCOM VS. SNK2 不知火舞」

Max_mai_001

全画像クリックで別窓開きます。

原型製作:濱崎剛

スケール:1/6

WF2006夏に販売されたガレージキットを、マックスファクトリーが「西村キヌコレクション」として、PVC完成品でリリ-スした商品。

ムチムチでありながら筋肉質、そして大迫力のアレに目が釘付けです。

Max_mai_002 Max_mai_003

Max_mai_004 Max_mai_005

1/6スケールですが、それを越える存在感があります。

多分、1/5スケールのような気もしますが……

Max_mai_006

Max_mai_007 Max_mai_008

Max_mai_009 Max_mai_010

大スケールゆえの情報量が云々とか言いたくても、ほぼ裸なのでそれは無駄ですね。

しかし、露出部分にこそこのフィギュアの魅力が凝縮されている。

Max_mai_012

Max_mai_014 Max_mai_011

Max_mai_013

Max_mai_015

Max_mai_016

Max_mai_017 Max_mai_018

Max_mai_019 Max_mai_020

美少女フィギュアのお約束として避けられてきた感じのある“ガチムチ”さを前面に押し出しているのがこの作品の特徴である。

だが、女性らしい豊満なふくよかさも同時に備え、西村キヌの描くくのいち“不知火舞”を忠実に再現しているといえるだろう。

Max_mai_022

Max_mai_023

このダイナマイトバディに挑発されて迂闊にバーンナッコゥで近づくと、龍炎舞でやられます。

でわ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/22

セガプライズ 「涼宮ハルヒの憂鬱 EXフィギュア」

Ex_haruhi_001

全画像クリックで別窓開きます。

原型製作:めーん

セガプライズが贈るハルヒプライズフィギュアの第一弾は、ハルヒ&長門です。

原型製作にはメカ娘シリーズに参加するめーん氏を迎え、プライズレベルとしては塗装を端折ったりする事もなく、高いレベルで纏められています。

涼宮ハルヒ

Ex_haruhi_002

Ex_haruhi_003 Ex_haruhi_004

Ex_haruhi_005 Ex_haruhi_006

Ex_haruhi_009

Ex_haruhi_007 Ex_haruhi_008

皆様の期待に応え、“薄いハルヒ”が再現されています。

但し、一本足固定が怖くて暑いうちは飾るのを躊躇しそうです。

長門有希

Ex_haruhi_010

Ex_haruhi_011 Ex_haruhi_012

Ex_haruhi_013 Ex_haruhi_014

Ex_haruhi_017

Ex_haruhi_015 Ex_haruhi_016

唇に微妙に表情がついているのがポイント。

ココは判断が分かれそうなところですね。

Ex_haruhi_018

運が良ければワンコインでGETできる訳ですが、どうやらハルヒの気まぐれによって何かが操作されている予感……

でわ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/19

ソニックブーム 「Fate/stay night 間桐桜 -ボンテージ寝姿Ver.-」

Sb_sakura_001

全画像クリックで別窓開きます。

原型製作:岩元邦仁

スケール:1/6

WF2007夏会場限定で発売された、コールドキャスト製塗装済み完成品。

アニメ版に登場したボンテージ姿の桜を、大胆なポーズで立体化。怪奇的なポージングは人を選ぶが、逆にこれくらいやられた方がゾクゾクと来るモノがある。

Sb_sakura_002

Sb_sakura_003

Sb_sakura_006

完全に生気を失った表情が怪しい魅力を放つ。

Sb_sakura_004

Sb_sakura_007 Sb_sakura_005

Sb_sakura_008 Sb_sakura_009

Sb_sakura_010

多分萌えの要素は一切ないと思うが、眺めていると下腹の辺りにモゾモゾとした感覚が沸いてくる。ホラー的な要素が何かしらの劣情を起こさせるのか?

Sb_sakura_012 Sb_sakura_013

Sb_sakura_011

PVCと違い硬質な印象を与えるが、それが成功しているのだろう。

ヒトではなく、モノに近い感覚がある。

Sb_sakura_014

Sb_sakura_015

で、お尻の辺りがこんな事に……

Sb_sakura_016

Sb_sakura_017

挑戦的なポージング、コールドキャスト製、キャラ人気等、売れる要素が低い商品であるが、少数で完成品として販売を試みるイベント限定品はファンにとってはありがたい。

でわ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/18

Max Factory 「クィーンホーク【バトルホーク】」

Seki_qh_006

全画像クリックで別窓開きます。

原型製作:関智一

関智一WFソフビヒーローシリーズの第五弾は、永井豪・石川賢原作のヒーロー「バトルホーク」に登場する、楯三兄妹の末妹“ユリカ”が変身するヒロイン“クィーンホーク”です。

今までは「女性キャラは作らない。」と、俺のジャスティスを貫いていたらしいですが、時代のニーズに合わせて造る事と相成ったものの、弩マイナー作品に標準を合わせる辺りが関さんらしい。

Seki_qh_001 Seki_qh_003

Seki_qh_002 Seki_qh_004

Seki_qh_007

浅井真紀氏曰く、「物凄いおばちゃん体型。」

関智一氏曰く、「中の人は男性であると意識して作った。」

確かに、今ではスーツアクトレスも増えてきましたが当時はそれほど多くなかったでしょうから、スーツアクターが詰め物をして演じていた事もあったでしょうね。

Seki_qh_005

その割には女っぽい尻。その手の本を参考に女体を研究したらしいが、どの手の本を読んだんでしょうね?

そして、今回最大のギミックは……

Seki_qh_008

Seki_qh_009

Seki_qh_010

マスクが外れてポニテパーツを装着する事によって、ユリカの素顔が露になります。

関智一初の萌えの追求です。これには浅井氏も「可愛く作れてますね。」と感心していましたが、「もっとリアルよりにしたいとも思った。」とツンぶりを発揮、ステージ上は微妙な空気に包まれていましたとさ。

関、浅井両氏が同学年であるという親近感からの、歯に衣着せぬトークだったんでしょうがちょっぴり関氏の表情が (´・ω・`) だった気もする。

でも、人間顔初造形としてはかなり上手い部類に入ると思いますよ。

でわ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/16

T's system 「ココアちゃん」

Cocoa_001

全画像クリックで別窓開きます。

原型製作:宮川武

キャラクターデザイン:みつみ美里

スケール:1/8

“WF2007夏”で販売された、宮川武&みつみ美里のコラボレーションフィギュアです。

1/6スケールで続いてきたシリーズですが、今回は1/8スケールでのリリースです。小さくなっても以前と変わらない出来、この二人のコラボは相変わらず相性が良い。

Cocoa_002 Cocoa_003

Cocoa_004 Cocoa_005

スケールダウンの原因か?ペンギンの給仕さんも登場。

Cocoa_006

Cocoa_007 Cocoa_008

Cocoa_012 Cocoa_013

スケールダウンの所為か?やや塗装が1/6の頃より物足りない気がする。

やりすぎるとくどさが目だってしまうのだろうが、服のディテールをもうちょっと際立たせても良かったんじゃないかな。

Cocoa_010 Cocoa_011

ぱんつは意外とあっさり。

ストッキングの質感も、ちょっと残念ですね。

Cocoa_014_2

もしかするとコチラが本体?ってくらいにちゃんと作ってあります。

Cocoa_009 

T's systemのHP上で発表された最初の写真と、カラーバリエーションが違ったのでちょっと焦ったが、本来はこのカラーがWF販売用だそうです。

でわ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/14

HOBBY STOCK 「ちょこっとSister ちょこ 限定版」

Hs_choco_001

全画像クリックで別窓開きます。

原型製作:小幡貴比呂

スケール:1/8

HOBBY STOCKオリジナル企画の第7弾、「ちょことSister」の“ちょこ”が通常版発売前に、WF会場にて限定版が発売されました。

Hs_choco_002 Hs_choco_003

Hs_choco_004 Hs_choco_005

ご覧の通りの有様です。

通常版との違いは、黒エプロン装備、ねこみみ&ねこにゃんダンスに仕様が変更。

全くの別物である訳です。カラバリでお茶を濁すアソコとは大違いデス!

Hs_choco_010

Hs_choco_007 Hs_choco_009

何回も「俺は炉じゃない!」と自問自答を繰り返したが、売り子のおねいさんに勧められてサンプルを手にとってみたら……

後悔はしていない。

Hs_choco_011

Hs_choco_013 Hs_choco_015

この活き活きとした表情と、隠す気のない幼尻に克てるニッポン男児は居るまいて。

それから、ソックスは脱がさない!私の心にエルニーニョ現象を起こしました。

Hs_choco_014 

エプロンはクリアパーツで出来ていますので、このように透けます。丁度良い場所で色が濃くなっちゃうのが心憎い。

因みに、がっつり接着されてますので、無理やり剥がそうとすれば悲しい出来事になりそうですよ。

Hs_choco_016

買って損はない、寧ろ大当たり!

でわ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/10

ホビージャパン 誌上限定通販 女子高生セイバー

Hss_001

全画像クリックで別窓開きます。

原型製作:YOSHI

スケール:1/8

製作協力:コトブキヤ

ガレージキットとして発表されるも、完成品化の望みは薄いかなと思われていた“女子高生セイバー”が、誌上通販で我々の手元に!

まるっきり本編の設定は無視の“ifセイバー”になっていますが、出来は良いので設定ガチこだわり派でなければ満足の一品でしょう。

Hss_002 Hss_003

Hss_004 Hss_005

食パンを咥えて、靴を履きながら……王道のスタイルです。

この後曲がり角で凛と衝突転倒、凛と一緒にいた士郎が凛を差し置いて手を差し伸べてくれます。

と、妄想はさておき。一本足はビスで台座に固定されているので、自重に負けてころっと転ぶ事はなさそうです。

Hss_006 Hss_007

Hss_008 Hss_009

Hss_010

隠れメインのタイガーマスコット。YOSHI氏も書いていたが、もうちょっとリングは何とかならなかったものか?

Hss_011 Hss_012

Hss_013 Hss_014

踵と指はお好みで接着して下さい。との事ですが、しっかりと上半身を差し込めば接着する必要も無いかと思われます。

Hss_015

Hss_016

アナザーな世界の制服かと思いきや、シャツとリボンが穂群原の制服と同じなんですね。

Hss_017 Hss_018

見えるか見えないかの境界線を楽しむ。

Hss_019

Hss_020

ぱんつはしっかり造りこむコトブキヤ仕様です。

Hss_021

ギャンブル要素の高い誌上通販ですが、これはアタリか!

でわ!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007/08/06

バンダイ 「フィギュアマイスター 涼宮ハルヒの憂鬱 鶴屋さん」

Fm_tsuruya_001

全画像クリックで別窓開きます。

「ぱんぱんやで。」

箱にぱんぱんに詰まっておりました、鶴屋さん学祭ウェイトレスVer.です。

ただし、定価600円はちょっと高いかもしんないですね。SEEDヒロインズが400円で頑張っていたのだから、もう100円安くなれば購買意欲も湧きそうなんですがね、ぶっちゃけ今回のラインナップでは鶴屋さん以外興味がなかったりする。

アイドル長門にはガッカリした!

Fm_tsuruya_002 Fm_tsuruya_003

Fm_tsuruya_004 Fm_tsuruya_005

Fm_tsuruya_006

ちっさい鶴屋さんと2ショット。

でわ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/03

ホビージャパン 誌上限定通販 イリヤ体操服Ver.

Loriburu_001

全画像クリックで別窓開きます。

原型製作:宮川武

スケール:1/6

WF2005冬にて初売りされたガレージキットを、ホビージャパン誌上限定通販でPVC完成品として発売された商品です。

「白磁の様な肌」とは言いますが、いささか白すぎ感が漂う成型色は、照明の条件が悪いと「死体の様な肌」になってしまうので要注意。

イリヤが人外の者である事を考えれば、斯様な肌色も間違いないのかもしれないが、立体物になるとこれほどまでに恐ろしいものだとは思わなかった。

それに、ろりぶるまVer.は劇中でも割と健康的ですしね。

Loriburu_002 Loriburu_003

Loriburu_004 Loriburu_005

少し脚が長めでロリ度が下がってる気もするが、恥じらいの仕草が非常によろしい。

Loriburu_010 Loriburu_013

へそチラリは、ブルマの上端を作りたかったという原型師の拘りゆえらしい。

ベースには「タイガー道場」の文字が。クレイズ製作のベースは味気ないものばかりだったので、これは新鮮だ。

Loriburu_006 Loriburu_007

Loriburu_008 Loriburu_009

Loriburu_014 Loriburu_015

出来は相変わらずの宮川節炸裂ですので、嫌いな人は無視すればよし。ファンなら買いって事です。

押さえるべきツボはきっちりと押してくれるので安心感は高いですよ。

しかし、ガレキでは存在したぽっちがふたつ無くなっているようなのだが……

Loriburu_011

Loriburu_012

見所のブルマは、本物を参考にして造ったそうです。

ピチピチの漫画ブルマではなく、やけにリアルなブルマ感はその所為だったんですね。

ま、その仕事風景を想像するとちょっと何だが。

Loriburu_016

周囲の配色に気を使ってディスプレイをすれば、肌色の白さも緩和できるかもしれない。

ちょっと難儀させられるフィギュアですね。

でわ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/01

クレイズ 「Fate/hollow ataraxia セイバー メイドVer.」

Clayz_ms_015

全画像クリックで別窓開きます。

原型製作:宮川武

スケール:1/6

商業作品としてのメイドセイバー第一号となったクレイズの商品です。

元はイベント限定売りのガレージキットで、レプリカント誌の表紙を飾るなど発売前からの注目度も高かった。発売されてみると、アレと全然違うじゃないか!と喧々諤々であったが、自分で組み立てるガレキと完成済み商品を比べるのは酷じゃないかな?とも思ってみたり。

Clayz_ms_002 Clayz_ms_003

Clayz_ms_004 Clayz_ms_005

クレイズ製作なので、ちゃんと宮川原型していますので安心です。

相変わらず、ふりふりを作らせると宮川氏は上手いなと思いますね。

が、台座との接続が激弱いのもクレイズ流。コレは改善を望みたい。

Clayz_ms_001

Clayz_ms_006 Clayz_ms_007

Clayz_ms_009 Clayz_ms_008

Clayz_ms_010 Clayz_ms_011

やや一部が多めな気もしますが、士郎の妄想内でのセイバーなので有りと言えばアリなのかな?

エプロンがまっ白で味気ないので、少しシャドーが吹いてあったら尚良かったのかも。

Clayz_ms_012 Clayz_ms_013

Clayz_ms_014

こだわりのフリルぱんつですが、がっつり接着されています。

ひたすら覗け!

Clayz_ms_016

一発目の妄想に登場するのがセイバーなのは良いとしても、このメイド服は……士郎くん、色本の読みすぎではないかい?

で、宮川版凛メイドVer. PVC化はいつ頃でしょうか?

でわ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »