« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007/06/24

電撃大王 8月号 特別付録 「灼眼のしゃなたん コミックVer.」

Shanatan_001

全画像クリックで別窓開きます。

原型製作:バサロキック

「バサロキックさん抱いて!」と、言ってしまいそうな位に“わかっている”しゃなたんが、再び電撃大王の付録になりました。

設定の旨さは当然の事、我々の欲求を完璧なまでに立体化してくれた原型師に敬礼(T-T)ゞ

Shanatan_002 Shanatan_003

当たり前のようにコートは脱げるので、脱がすのが自然の理です。

Shanatan_008

シャナ≠しゃなたん

しゃなたんは猫なので、猫がコートを着ているのはおかしいのでこれが正解なのです。

ニーソは良いのかって?長靴の代わりです。ニーソを履いたしゃなたんなのです!

Shanatan_006 Shanatan_007

Shanatan_009 Shanatan_010

Shanatan_011 Shanatan_012

双頭のポッチは有る……後はわかるな?

でわ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/20

アトリエ彩 「フルメタル・パニック TSR テレサ・テスタロッサ レースクィーンVer. ホワイト」

Tessa_001

全画像クリックで別窓開きます。

スケール:1/6

痒い所に手が届くラインナップでお馴染みのアトリエ彩ですが、テッサがレースクィーンで良く分からないけど、まぁいんじゃね?てな感じで相変わらずの3色カラバリの内、アーバレストカラーのホワイト版を紹介です。

Tessa_002 Tessa_003

Tessa_004 Tessa_005

Tessa_006 Tessa_007

Tessa_008

いつも通りの1/6スケールの迫力のボリュームです。しかし大味なのもいつも通り……これさえ克服できればもっと上を目指せるメーカーだと思うんだがなぁ。

Tessa_009 Tessa_010

Tessa_012 Tessa_013

Tessa_014

Tessa_011

乳周り及び腋の下周辺がえろいのは大いに認めざるを得ない。

テッサは出たのにかなめのレースクィーンVer.が発売されなかったのは、大人の事情か?

でわ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/18

コナミ 「武装神姫 EXウェポンセット ヴァッフェドルフィン」

Waffedolphin_001

全画像クリックで別窓開きます。

キャラクターデザイン:カサハラテツロー

WAFFE(ヴァッフェ)の名を冠する所から察するに、前出のヴァッフェドルフィンと同系統の武装神姫であることが窺えます。

ウサギが陸戦なら、水中戦のイルカな訳ですね。

ヘッドパーツは二つ付属しており、潜行形態にする事が出来ます。真っ赤な丸ゴーグルが不気味さを醸し出します。

Waffedolphin_002

フィンブレード

Waffedolphin_003

アンカーナイフ

Waffedolphin_004

カロッテ MP6

Waffedolphin_005

ヴァッサーマン トーペード G

Waffedolphin_006 Waffedolphin_007

ヴァッサーマン D-MP

Waffedolphin_008

全く化粧ッ気のないドルフィンさんだったので、コピックでちょっこと口周りをお化粧してみました。結構印象が変わりますよ。

でわ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/15

海洋堂 「REVOLTECH エヴァンゲリオン初号機F型装備」

Eva01_f_001

全画像クリックで別窓開きます。

リボルテックヤマグチシリーズに「EVA初号機F型装備」が登場。

圧倒的なボリュームに、定価が2,415円と値上がりしましたが初回生産のみ1,995円のお値段据え置き!

Eva01_f_002

ウェイトバランスがちょっと厳しいですが、バランスが取れればスタンド無しでも自立が可能です。ジョイントはいつものテンションですが、重量を考えて気をぬくとすぐへたってしまうので、もう少しハイテンションでもよさげ。

Eva01_f_003

Eva01_f_004

Eva01_f_005

Eva01_f_06

Eva01_f_007

ゴテゴテ装備に可動が制限されそうな感じもしたが、頭部を除けば概ね満足のいくポージングが可能だった。初号機本体が柔軟性のある素材なので、ジョイントの破損さえ気をつければガシガシ遊べるのが◎。

でわ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/13

キャラアニ.com ハートフルBOX(大)が届いた訳だが……

Charaani_hukubukuro

内訳

海洋堂 ボーメコレクション DOA 霞 青

マックスファクトリー 宇宙のステルヴィア しーぽん&アリサ

メガハウス ルナマリアVer.3

アトリエ彩 テッサレースクィーンVer. 限定版白

       リシアンサス 制服(冬)Ver.

ピンクカンパニー いぬてぃ&にゃーけ

           メカ進藤

以上です。

既に持ってるものが多し。さて、どうしたものか?

ボリューム的には及第点な福箱だと思いますよ。

でわ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/12

やまと 「TANDEM TWIN 動物ねーちゃん 山猫 黄玉」

Yamaneko_013

全画像クリックで別窓開きます。

原型製作:山崎こーいち(TANDEM TWIN)

スケール:1/6

多くのカラバリを誇る「動物ねーちゃん 山猫」より、褐色肌が魅力の黄金の瞳“黄玉”です。

刀の刃には両刃の凶悪刀を付けてみましたが、鍔を着けるのを忘れてしまいました。

ま、そこ以外に目が行っちゃうだろうから、あまり気にしなくてもいいかな?

Yamaneko_001 Yamaneko_002

Yamaneko_003 Yamaneko_004

1/6スケールでもしゃがみ姿勢だと小さく感じるものですが、山猫は刀身の長さもありますが、ポーズの大胆さや躍動感もあってか大きめに感じる。

Yamaneko_005 Yamaneko_006

Yamaneko_007 Yamaneko_008

塗装もかなり気合が入っています。武具の鉄の表現なんかはかなりそれっぽく仕上がっています。

が、如何せんそんな事を忘れさせるアノ魔力。

Yamaneko_009 Yamaneko_010

Yamaneko_011 Yamaneko_012

上着は別パーツなので隙間がいちいちエロくて、そーっと手を入れたくなったりして、リアルでやったらタイーホですよ。

腹筋とかの表現もすごいんですが、クリアーパーツを採用して、裏移りの心配の無い上着を脱がせてみないと分かりにくいんですがね。

でわ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/10

見所は蟹!

パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンドを鑑賞してきました。

簡潔に感想を纏めますと、「チョウ・ユンファの無駄遣い」かな?

で、ついでに前売り券を2枚購入。

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団

Maeuriken_001

ホグワーツ校の校章を模したネームホルダーが前売り特典に付いてきます。他に「魔法省」「ダンブルドア軍団」「禁じられた森」の計4種の内から選択できます。

ヱヴァンゲリヲン劇場版:序

Maeuriken_002

コチラは特典第二弾の「3Dカードチケット」です。写真では分かりにくいですが、立体的に見えます。このチケットは、通常前売り券より200円高なので要注意。

Maeuriken_003

カードチケットと言う事で、裏面が鑑賞券になっています。豪の者はこのままチケットカウンターに差し出してもかまいませんが、よゐ子はシールを剥がしてミシン目に沿って切ってから出かけましょう。

ダイ・ハード4の予告編で、ブルース・ウィリスの細さにアノそっくりさんを連想してしまった不届きモノは私だけではない筈。

でわ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/07

コトブキヤ 「新世紀エヴァンゲリオン 綾波レイ レースクィーンVer.」

Rq_rei_001

全画像クリックで別窓開きます。

原型製作:YOSHI

スケール:1/8

コトブキヤのコラコン企画で発表された3人の綾波レイの内、YOSHI氏が製作したレースクィーンVer.です。

最近ではセガプライズフィギュアで飛ばし気味のEVAヒロインズですが、コレの発表当初はパラレル的なキャラクターの立体化(ガレージキット)の一般販売は珍しかった。

Rq_rei_002 Rq_rei_003

Rq_rei_004 Rq_rei_005

原型師の自由意志に任せて行われた企画なので、少々綾波らしからぬプロポーションな気もしますが、元々エヴァ自体が曖昧な設定を許すような世界だった気もするので、これもアリ。

Rq_rei_006 Rq_rei_007

Rq_rei_008 Rq_rei_009

Rq_rei_012 Rq_rei_013

Rq_rei_014 Rq_rei_011

出展3作品の中では最もお色気担当だったレイ。水着でひしゃげたおぱ~いが綾波らしくないと思いつつ、「コレハアナタノノゾンダセカイ」と言われたら否定できない訳で……

Rq_rei_010

特にうしろ姿のシルエットが違うとは思いつつ、大好きだ!

Rq_rei_015

確か、吉崎観音氏のイラストでアスカレースクィーンVer.もあった気がする。

新作で如何でしょうか?並べたいのがコレクターの性なんです。コトブキヤさんどうかひとつm(_ _)m

でわ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/04

マックスファクトリー 「涼宮ハルヒの憂鬱 朝比奈みくる 」

Max_mikuru_001

全画像クリックで別窓開きます。

原型製作:智恵理

スケール:1/8

マックスファクトリーの涼宮ハルヒ1/8シリーズ第二弾、戦うウェイトレス“朝比奈みくる”です。

原型担当はベテラン智恵理です。安定した技術により、みくるのぽわぽわ感がとても愛くるしく出来上がっています。

Max_mikuru_002 Max_mikuru_003

Max_mikuru_004 Max_mikuru_005

ポーズはアニメ版のミクルビーム発射ポーズなのだが、ハルヒに無理やり指示されて、恥ずかしがりながらも精一杯やっている雰囲気が良い。

Max_mikuru_006 Max_mikuru_007

Max_mikuru_008 Max_mikuru_009

Max_mikuru_010 Max_mikuru_012

みくるっぱいも大きすぎず、ほど良く主張されています。例のほくろもちゃんとありましたよ。

Max_mikuru_011

何よりお顔が最高に可愛いのです。製品版をココまで引っ張りあげてくれた、会社側の努力も並大抵のものではなかったことでしょう。

Max_mikuru_013 Max_mikuru_014

さて、この見えるか見えないか、尻にくぷりりん状態が最も興奮する私ですが、今作の注目点に是非ココを挙げたい。

Max_mikuru_015

Max_mikuru_016

ぱんつの縁のステッチが造形されているのです。つまりですね、何が言いたいかと申しますと……スケスケレースのピタピタぱんつもえろいですが、このステッチが入ることによってちょっと厚めの生地のふわふわぱんつであることが想像されます。要するに、みくるちゃん(高校生Ver.)はふりふりフリルのちょっとダサいくらいのぱんつじゃなきゃイヤだ!

ってことです。

Max_mikuru_017

因みに、フロントは可愛いフリルになっています。脱がさずにちょっとだけめッくて観賞するのが紳士の嗜み。(脱がす度胸が無いだけ orz)

でわ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/02

バンダイ 「メタモフィギュア 涼宮ハルヒの憂鬱 涼宮ハルヒ バニーVer.」

Metamo_haruhi_001

全画像クリックで別窓開きます。

バンダイベンダー事業部が放つ、温度で色が変わるメタモフィギュアの第二弾「涼宮ハルヒ バニーVer.」です。

今までのバンダイはあまりこの分野に関しては不得手な印象でしたが、このハルヒによって汚名返上といけるのではないでしょうか。

何よりハルヒフィギュアの金字塔である、MAXファクトリー版に迫るフェイスパーツの出来でしょう。とにかく今までのバンダイはコレが致命的に弱かった……バンダイが本気になってくれたかな?

ま、粗を探せばチョットだけ塗装が野暮ったかったり、パーティングラインの処理が甘いなどありますが、それをカバーできるほどのボリュームがあります。

Metamo_haruhi_002 Metamo_haruhi_003

Metamo_haruhi_004 Metamo_haruhi_005

30℃以上で暖めると白バニーに変化します。

前傾姿勢を支えるための支柱が付属しますが、撮影の為割愛しています。

Metamo_haruhi_006 Metamo_haruhi_007

Metamo_haruhi_008 Metamo_haruhi_009

Metamo_haruhi_010_1

身体の造形もかなりいい塩梅です。

バンダイもそろそろ、お色気路線参入でもよろしいのではないかと。

ビキニラインのエロさなんかはかなり気合入っているんじゃないですか?

Metamo_haruhi_011

Metamo_haruhi_012 Metamo_haruhi_013

スレンダーとグラマーの境界線のシルエットがハルヒの魅力かな。

Metamo_haruhi_014_1

勿論、このぷりっぷりなプリンちゃんもハルヒの魅力。

とりあえず、ライターを挟んでくれないかね?

Metamo_haruhi_015

コチラ、16℃以下に冷やすと変化する黒Ver.です。

白とはガラッと印象が変わりますので、もう一個欲しくなってしまう症状が表れます。個人差はありますが注意が必要です。

Metamo_haruhi_016 

ストッキングの透け表現具合に、バンダイ脅威のメカニズムを感じた。

でわ!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »