« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006/05/30

ガーゴイル 「村田 蓮爾 PSE Solid collection Vol:2 BOX」

Pse2

↑画像クリックで拡大

村田 蓮爾の描く魅力的なイラストをそのままに、コレクションサイズのフィギュアにしてしまった商品。

紹介は、その第二弾のBOX通常流通版。他にアニメイト限定版や、カプセルベンダー限定のフィギュアも存在する。

※以下、小さめの画像はクリックで拡大します。

PSE 07

Pse07001 Pse07002

Pse07003_1 Pse07004_1  

胸像タイプは敬遠されがちではあるが、イラストを切り取ると言うコンセプトの中では、これも一種の表現方法だと思う。自ずとスケールも大きくなるし、筆者的には胸像モノは歓迎である。

PSE 08

Pse08001

Pse08002_1 Pse08003_3

元イラストでは見ることのできない場所を見ることができるのが、この商品の見所。

お尻のお肉のプリッとしたはみ出しっぷりがステキです。

PSE 09

Pse09001

Pse09002

コレ、女の子の出来も勿論良いのですが、方に乗っかった猫も良い。

省略されていなく、ねこねこしい猫になっているのです。

PSE 11

Pse11001

Pse11002 Pse11003

こちらは、ねこ耳帽子&しっぽ。ジッパーチャームがお魚の形に!

芸細です。

PSE 12

Pse12001

Pse12002

足パーツをはめ込む時、靴のとげとげが痛くて……

な事はさておき、全てに共通して塗装がサイズの割には健闘している。特に顔の塗装に関しては、村田氏の描く繊細なイラストのイメージから逸脱することなく、良く纏まっている。

でわ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/26

劇場版機動戦艦ナデシコ 窓口限定フィギュア ホシノ・ルリ

006_31

製造元:ツクダホビー

1998年公開の「劇場版機動戦艦ナデシコ」の特別前売り券に付属した一品。

筆者は友人と早朝から、今は無き“大宮東映オスカー”にて行列。仕事上がりのホステスさん達に、

「なにしてんの~?」

と、声をかけられたのも何もかもが懐かしい。

002_37

003_39

004_37

005_33

当時ツクダホビーと言えば、エヴァンゲリオンのガレキは本より、ソフビ塗装済み完成品も精力的にリリースしており、現在の完成品フィギュアのパイオニア的存在であった。

が、出来は現在の目で見ると造形だるだる、塗り肌や塗装精度が甘かったりとチト厳しい。あくまでオマケと考えるならばこの程度なのかもしれないが……

001_43

ポーズもキャラクター設定書のまんま。原型の制作の開始時期等を逆算すればこれくらいしか資料が無かったのかもしれないが、書き下ろしイラストであったならもう少し評価は高くなったかもしれない。

この後、暫くナデシコフィギュアブームが続くが思いのほか完成品は発売されていない。最近になってまたブームの兆しがあり、完成品リリースの情報もちらほらで、筆者は嬉しい限りである。

でわ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/24

オムニクル 「いちご100% ドレスチェンジフィギュア」

001_40

西野つかさ、東城綾それぞれに体操服Ver.と制服Ver.があり、計4種となっている。

写真は体操服Ver.

西野つかさ

002_36

003_41

東城綾

004_36

005_32

フィギュア自体の出来は、いちご100%モノを得意としているオムニクルなので及第点は行っている。

が……

このドレスチェンジフィギュアの最大の見せ所、

006_30

バラバラになった各パーツを鋼鉄○ーグヨロシク強力マグネット合体させて遊んでも、

007_25

2キャラが同じような衣装では、プレイバリューが圧倒的に不足する。体操服と制服の組み合わせもおかしい事この上ない。

全4種にするのであれば、“東西南北”の4人を私服姿で立体化などにすれば、もっと面白い商品になったのではないかと思う。

発想は良かったのだが、ラインナップを間違えたのかもしれない。

でわ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/22

コトブキヤ 「ワンコイングランデ 萌える英単語もえたん」

出来が良いと方々で評判なので、2個ほど摘んでみた……

ゴッドツモ!

久しぶりに我が右手に神が宿る。お目当ての“ばにぃインク”と“虹原いんく”だ!

原型制作は、どちらも森川裕光。

ばにぃインク

001_39

↑画像クリックで拡大

002_35

003_36

004_35

005_31

↑画像クリックで拡大

高校生ばにぃさんと言えばみくるたん(ハルヒも)な今日この頃ですが、インクたんも負けず劣らず……無いものには無いなりの風情が(*´д`*)ハァハァ

虹原いんく

006_29

↑画像クリックで拡大

007_24

008_16

009_23 

010_7

↑画像クリックで拡大

コトブキヤ最高!

税込み680円で、この抜き、この塗装、そしてサイズ。グランデの冠は伊達じゃないところを見せてくれました。

多少の値上げも、

「良い物をユーザーの前に突きつければ、誰も文句は言わない。」

の、お手本のような商品です。

011_7

↑画像クリックで拡大

だって、覗かずにはイラレナイジャナイ!

でわ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/20

集英社 「天上天下12巻特装版 付録“棗亜夜フィギュア”」

001_38

原型制作:宮川武

人気コミック“天上天下”の12巻に付録された“棗亜夜”のフィギュアです。

制作はクレイズ。9巻に付録された“棗真夜”が非常に好評であり、それを追う形での妹のフィギュアの付録となったのだが、如何せん良くなかった……

ホビー誌に紹介された見本は超絶に良かったのだが、量産品の出来が致命的だった。

塗装などいろいろあるが、最大の欠点は腕の付け根の分割線だろう。ベストビューポジションにこれでは、買い手側は手を伸ばすのを躊躇するのも当然かと。髪の毛や、胸にも分割線があるがこれはたいして気にするほどでもないが、アノ一本の線が全てを台無しにした。

それさえ無ければ、もっと評価されても良い作品になっただろう。

002_34

003_35

004_34

宮川氏得意のフェティッシュな造形表現がイイ。

005_30

↑画像クリックで拡大

100点に近い0点ってところでしょうか……

でわ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/18

マックスファクトリー 「コレクト500 あまえないでよっ!!」

001_37

「月刊コミックガム」にて連載中「あまえないでよっ!!」の、アニメ版の温泉シーンを艶めかしく立体化!紹介は、ノーマルVer.で、他に湯の色や一部タオルの色が違う“にごり湯”Ver.もあります。

四の五の言わず、皆素っ裸!

マックス先生のエロ髭は伊達じゃない!

て、事で筆者も酔った勢いで暴走。以下は18歳未満の方の閲覧をお断りします。

でわ!

続きを読む "マックスファクトリー 「コレクト500 あまえないでよっ!!」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/16

バンダイ 「シードキャラクターズ」

シードヒロインズの売り上げも好調だったバンダイが、CM'sコーポレーションとタッグを組んで発売した商品。

全6種+1種

HGシリーズの銘がうってあるので、ガシャの上位的位置づけだったのだろうか。

キラ・ヤマト

001_36

アスラン・ザラ

002_32

CM'sらしい安定したクオリティです。パイロットスーツも先に発売されていた、マクロスシリーズと同様、シワも付き方までに気が行き届いてきまっている。

イザーク・ジュール

003_33

今では懐かしい“赤服”イザーク。個人的にイザークフィギュアの中ではピカイチの格好良さだと思っている。

シークレット

004_32

005_28

傷付き顔のイザークがシークレット。正直最初は気が付かなかった。

イザークのみ写真が多いのは、個人的贔屓です。

イザークかわいいよイザーク(*´Д`) 

ラクス・クライン

006_27

カガリ・ユラ・アスハ

007_22

008_14

脱いだ上着を羽織る行為までは理解できるが、ベルトは外れ、チャックも下りていることには理解不能。胸が無いのは致し方ない。

SEED DESTINY の謎のOPアニメはこの事後だったのか?!

ミリアリア・ハウ

009_11

010_5

ぐぅれいとぉぉぉぉと、何処かから聞こえてきそうですが、フレイ・アルスターを差し置いてのラインナップ。しかも脱ぎ要員。ありがとうございました。

以上全7種である。半分以上が野郎キャラな、酔狂なアソートに乾杯!

第二弾の予定も有ったのか無いのか、売れ行き不振だったのか、これっきりで終わってしまいシリーズ化する事は無かった。

いわゆる完敗。

ラクス・クライン

011_5

012_4

当商品の宣伝も兼ねて、発売数ヶ月前に“電撃ホビーマガジン”に付録された、艦長服ラクス。

HGIF、EF、ヒロインズ、全てを含めて未だにこれを越える艦長服ラクスは無いと断言したい!

何故ならば……

ピンクの縞ぱんだからっ!

でわ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/14

バンダイ 「スーパーブラックジャックコレクション2」

2001

3作目の発売も発表された、バンダイの人気シリーズの2作目より、

“リオ ディーラーVer.”

“リオ ジョーカ-Ver.”

を紹介です。

リオ ディーラーVer.

2002_1

2003_1

2004_1

2005_2

2006_1

2007_2

カジノに行って、こんなディーラーさんに付いてもらったら、手元でなく胸元ばっかりに目が行っちゃいます。

間違いなく、尻の毛まで毟られてご退場でしょう。

リオ ジョーカ-Ver.

2008

2009

2010

2011

2013

2014

上から見りゃ尻谷、下から見上げりゃこれまた絶景!

このシリーズの魅力は、バンダイ異例のエロ具合にあり。元ネタがパチスロ(20才以上対象)からなので、これくらいは当たり前にやって欲しい。3作目にも俄然期待は掛かりまくりで、バンダイの懐の大きさを見せて欲しいトコロ。

でわ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/12

セガプライズ 「エヴァンゲリオン ソープディッシュ」

レイ、アスカ、ミサトの3種で展開されていたプライズ品。後にバスタブが変色したり、透明になったりのバリエーションも発表され、現在のところ全9種が存在する。

紹介は初版の、レイ&アスカ。力及ばずミサトさんはゲットできませんでした。

レイ

002_31

003_32

005_27

湯を掬い上げ、その手のひらを見つめながら思いに耽るレイ。

なんじゃこら!ってなシチュが多いエヴァプライズの中では、比較的キャラ性に合わせてあるのではないでしょうか。

アスカ

001_35

004_31

006_26

「シンジのエッチィー!」

そんな声が聞こえてきそうです。明らかに視線の向こうに誰かがいます。

しかもこの表情は、怒っているのに怒っていない。むしろ……な、表情。

現在、筆者の脳内では緒方声と宮村声が大変なことになっている模様。

さて、これを実際風呂場に置いた猛者はいるのだろうか?

でわ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/10

ユージン 「びんちょうタン 日々の一言」

全6種+シークレット

びんちょうタンと仲間たちが、ストラップになって登場。

元気が出る一言も付いています!

あろえ

001_34

「わたしの平均的な毎日。」

クヌギたん

002_42

「いつまでもいっしょにいたい。」

ちくタン

004_30

「今日も一日がんばろー!」

れんタン

003_30

「アタリ、アタリ、当たりすぎ。」

ちくリン(シークレット)

005_26

「オシゴト?」

びんちょうタンと、ユーカリたんは居りませぬ……orz

でわ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/08

海洋堂 「Wonder Showcase Plus レイ&アスカ ぐりむろっく!ミックスエディション」

002_27

↑画像クリックで拡大

原型制作:かわにしけん

スケール:約165㎜

定価:3,480円(税込み)

WF2003夏にて、ワンダーショーケースプレゼンテーション作品としてピックアップされるや否や、その大胆なアレンジは皆の注目する所となり、ガレージキット販売分が1,000個以上が即完売する。またその人気は、畑違いであるはずのコスプレ界にまで飛び火、レイ&アスカ ぐりっむろっく!Ver.のレイヤー達を登場させる程のムーブメントを起こす。

ガレージキットは爆発的に売れたが、ガレキ制作は無理、もっと手軽に一般流通でも手に入れたい。の声に海洋堂が応え、完成品として発売されるに至る。

レイ

003_29

004_29

006_25

007_21

012_3

プラグスーツは水着に、ヘッドセットはねこ耳化、おまけにしっぽ付き(エントリープラグ風?)足に巻きついたアダムもかわいらしい。

が、レイの表情はねこっぽっくツンツン。

アスカ

008_13

009_10

010_4

011_4

013_3

こちらは、おサルでござる。(ネタはサルの縫いぐるみからかな?)

アスカのキャラクター性がおサルの中できちんと纏まっている。ナイフにグッサリのリリス猿が哀れ……。

001_33

ファンの声による、[ガレージキット→PVC完成品]発売の流れを作ったきっかけになった作品ではないだろうか?

勿論、作品自体の完成度も現在の作品に劣る事は無く、未だにエヴァ完成品の中でもトップクラスに位置する作品であろう。

でわ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/06

ユージン 「SR シャイニングティアーズコレクション」

セガの人気ゲームシリーズ“シャイニング~”より、Tony氏をキャラクター原案に採用し様々な話題を呼んだ“シャイニングティアーズ”の立体化作品です。

紹介はシークレットを除いた6種になります。

マオ

009_9

010_3

隙は無くとも、隙だらけ!

ゼノヴィア

011_3

012_2

長モノの杖はプラ製なので、PVCにありがちなふにゃ杖にはならない。

そして、衝撃のTバック!喰い込み過ぎ!えろすぃ~!

こっちの杖はカチコ(ry

リュウナ

013_2

014_2

015_2

ローライ、ローライ、ローライローラーーーイズ!

ローレグにも程がある!だが、ソレがイイ!

ブランネージュ

007_20

008_12

乳下ベルト、股下丈ギリワンピ、ナイススリット……防御力は高めのようです。

同時に攻撃力も↑

ブランネージュ 水着

016_1

017_1

良く分かんないですが、女豹のポーズがエロイって事は大事です。

エルウィン 水着

019

020

葉っぱの水着で、お尻の喰い込み直し?伸縮性アリ?良く分かんないけど良いです。

えろかわいいので。

ところで、水着Ver.の二体にあらぬ疑いがかけられているようです。

と言う事で、検証してみました。

003_28

001_32

006_24

002_26

( ゚д゚)

(つд⊂)ゴシゴシ

(;゚д゚)

(つд⊂)ゴシゴシ
  _, ._
(;゚ Д゚) …?!

005_25

(つд⊂)ゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシ

(  д )

(; Д ) !!

どう見ても挿入っています。本当にアリガトウゴザイマシタ。

でわ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/04

メガハウス 「らき☆すた 小早川ゆたか」

005_24 

らき☆すた”より、ツインテール、おっきなりぼん、うっかりさん、発育不良、妹等など、萌え記号のカオス、「小早川ゆたか」です。

001_44

002_39 

003_27

004_28 

2次元のハッタリが効いた元画を、巧く3次元化させたメガハウスの腕はかなりのものである。

そして、エロも忘れないのがメガハウス!

006_23

007_19

もやしっ子なんですが……かわいいおへそが……ちっさなお尻が……

オラ、なんだかワクワクしてきたぞ(・∀・)

でわ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/02

ユージン 「SRナムコ×カプコン ワルキューレ」

001_28

300円に突入したユージンガチャの未来を占う「ナム×カプ」より、筆者が遠い昔ゲームキャラで初萌えを覚えた「ワルキューレ」を紹介。

ぶっちゃけ、他のゲームを遊んだことが無いだけだが……

002_23

003_26

004_25

005_21

006_21

007_1

流石ユージンSR、卒の無い作りです。お顔、ポーズ、塗り、造形において特に注文したい事は無いです。鎧兜の造り込みも十分、100円値を下げて質がガタ落ちするなら100円高くても良いものを作って欲しい。当然、ユーザーの目はより厳しくなるでしょうが。

ところで、「ナム×カプ」と言えば先発のアレがありました。

トイウコトデ……

「バンダイ×ユージン」 ワルキューレ編

008_23   

※↑画像クリックで大きくなります。

009_8

010_2

こちらバンダイのワルキューレ。

うん、バンダイっぽい。

これはこれで悪くは無いんですが……よし、これで勝負!

018

※↑画像クリックで大きくなります。

ショーツ×ふんどし

多分、褌が正解なのでしょうが、ワルキューレが何の因果か、ショーツを初めて穿かなくてはならなくなったと言うシチュを妄想するだけで、あと10年は戦える!

012_1

013_1

014_1

015_1

なんか、勝負なんてどうでも良くなってきましたね。どっちもかわいいお尻ですから。

よって、盾裏が作ってあるユージンが僅差の勝利っつーことで!

これは、ガンプラのバンダイらしからぬ失態ですぞ!

016

最後はコラボレートで。台座の発想はバンダイの勝ちでしたね。

でわ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »