« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006/04/30

月刊少年ジャンプ2006年5月超特大号特別付録 「魔砲使い 黒姫」

001_27

( ゚д゚)

(つд⊂)ゴシゴシ

(;゚д゚)

(つд⊂)ゴシゴシ
  _, ._
(;゚ Д゚)

超特大!?

002_25

003_23

004_24

とってもミニマムです!※ベースは付属しません。

が、出来が良い。ユージンガチャのサイズであったらと思うと、とても惜しい。これが少年誌の限界か!

006_48

007_17

ボディースーツの張り付き具合、マキシマムなをっぱいは申し分ないのにィィィ!

でわ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/28

キャラアニ 「月詠 葉月」

005_20

原型制作:宮川 武

キャラアニ特盛セットの中身もこれにて全部。(2006WF冬キャラアニ福袋なんてのがマダあったりする。)

さて、この葉月。宮川氏の原型ですが、やっぱり宮川顔ですね。

フィギュアではキャラに“似てる”“似ていない”が、商品の購入動機の大きなウェイトを占めてると思われます。よって、作家性を出すのを嫌う人も多いですね、筆者も昔はそうでした。

で、結局今は……かわいければいいじゃん!の構え。勿論、出来の良し悪しが前提ですが。

001_26

002_20

003_22

004_23

ないんぺたんのねこ耳少女がニーソ脱ぎかけシチュに萌えぬは一生の恥!

宮川氏のツボの押さえ方は、筆者にはクリティカルヒットでございます。

ヒメクリ同様、お座りモノは俯瞰も楽しい。

006_18

こっちの方が、より視線を感じるかな。

ヒメクリと言えば、おパントゥ○見えでしたがこれはそんなこと無いですよ。大体、フィギュアのを見てどうしようってんだか……

そうそう、少女と言えば膝小僧でしょう。これがまたイイ(・∀・)

007_16

ね!

でわ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/26

とらのあな 「くじびきアンバランス 律子・K・ケッテンクラート」

005_19

原型制作:YOSHI

サイズ:約18cm

スク水会長といえば、マックスファクトリーのキューピーちゃんが有名ですが、コチラも傑作です。

塗り肌ではありますが、特に気になるということはなく、気持ち色白な肌がドイツ人ハーフらしくて好感触。

木尾士目氏が書いたスク水律ちゃんのイメージに近く、「木尾作品は立体物に恵まれない。」なんて言われてますが、一部が突出しているだけで及第点は行っていると思いますよ。

信者補正強めですが!

001_24

002_18

003_21

それにしても、素晴らしく発達されております。えぇ、視線は一点に釘付けです!

そういや、筆者も3-Aでした。

004_21

大人と子供の境目のアンバランスがたまらない一品です。

体操着律ちゃんもキボンヌ!

でわ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/24

マックスファクトリー 「1/6 宇宙のステルヴィア 片瀬志麻&アリサ・グレンノース キャラアニリミテッドエディション」

001_30

原型制作:智恵理

「片瀬志麻」

002_22

「アリサ・グレンノース」

003_25

単品にて商品化された二人を“手を繋ぐ”シチュエーションで合体させ、ひとつにした作品。劇中でも仲良しの二人が微笑ましい。

敢えて、顔の出来には触れるまい……目鼻口だけもうちょっと……

004_27

しかし、最初から手を握っている二人組みのフィギュアって珍しいですね。

009_14

うしろ姿。

これは良い“ソニック&テイルス”ですね。

ミニスカ覗かぬは武士の恥って事で、

005_22

006_20

志麻のちっさいお尻も、アリサのプリプリのお尻も……(*´д`*)

ソレニシテモダ

ええぃ、しゃらくせぇ!二人まとめて撮っちまえ!

007_37

前から、

008_28

後ろから。

以上、すけべ代官がお送りしました。

でわ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/22

電撃大王2005年10月号付録 「ゴミ箱in千佳」

原型制作:バサロキック

苺ましまろのガチャサイズと言えばのバサロキック氏による原型。

氏の作風は苺ましまろにピタリとはまっている。

つまり、炉の達人。

001_19

002_16

003_17

雑誌がおまけか、おまけが雑誌か、な高いレベル。

「おまけだから。」で気を抜かない姿勢を評価したい。

004_18

気が付いたら、なんとなく勢いで上着に合わせてしまぱんに塗っていましたとさ。

でわ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/20

コナミ 「メカ娘 第2弾」

通販組の我が家にも届きました!

早速ですが内訳……

シャーマン×2

フリアータ×2

3突×2

その他各1

スク水は紺スク

以上、シャーマンとフリアータがバリエ含めトリプラーになる、なかなか剛毅なアソートでした。

レアに関しては、紺スク派な筆者はコレで良しです。

各個レビューはまた後日、今日はズラッとお見せします。

「アメリカ陸軍 M4A3シャーマン 機械化装甲歩兵」

001_18

「ロケットランチャー装備Ver.-カリオペタイプ」

2002

「イタリア空軍 Re-2200フリアータ 高速機械化航空歩兵」

2005_1

「水着Ver.」

2004

「帝国海軍 藤花 試作機械化局地航空兵」

2006

「ドイツ陸軍 3号突撃装甲歩兵A型」

2003

「ソビエト空軍 Mig60 機械化航空歩兵」

2007

以上、レアアイテムの「フリアータ白水着Ver.」を除く7種です。

同梱されているボーナスパーツを、3突A型に装着すると「ティーガー」が完成します。こちらも後日紹介します。

前弾の出来も素晴らしかったのですが、今回はさらにソレを凌駕する出来となっています。少々の値上げがあったり、1BOXでのフルコンプが不可能になったりとありましたが、概ね第二弾も良作判定を与えても良いでしょう。

でわ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/19

セガプライズ 「新世紀エヴァンゲリオン コレクションフィギュア シーサイド」

原型制作:藤縄和彦

市場展開:2004年

シチュエーションモノですね。アスカ、レイ、ミサトの3種のラインナップ。

海辺での彼女たちのワンシーンを切り取った作品になっています。

アスカ

001_21

002_38

シーサイドハウスのテラスに佇み潮風に身を任せ、その視線の先には何があるのでしょうか?

ご覧の通り、“アスカ サマーカジュアルVer.”と同じ衣装です。

コレが何気に嬉しい。

ミサト

003_16

004_22

“seaside”と言うよりは“in the port”か?

この格好の意図が見えないが、この帽子という事はひょっとして……公務?

それにしてもこりゃ、昭和のスタイルだな。

レイ

005_16

006_15

波打ち際で、寄せては返す波と戯れる白いワンピースの少女。

レイには白いワンピが良く似合う。コレは鉄板だ。

持ち上げた裾もポイント高し!

007_13

コレね、見えるか見えないかの瀬戸際。

脇から胸への隙間にも目が行っちゃいます。

008_8

ま、結局は覗いちゃうんですけどね。

でわ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/17

コトブキヤ 「1/8 惣流・アスカ・ラングレー サマーカジュアルVer.」

001_14

原型制作:白髭 創

2001年のコトブキヤコラコンにて、ガレージキットとして発売され、最も人気を得た作品がコレ。

分かっているコトブキヤは、恙無く塗装済み完成品として販売してくれました。

で、自転車レイはマダー?

002_13

003_13

004_15

005_15

この出来で、2,980円(税別)!価格に目を瞑って……なんて事の無い出来に、「昔は良かったなぁ」なんてちょっとしんみり。

007_12

008_7

なんと言っても、この発展途上乳が素晴らしい。”じゅうよんさい”ですから、コレ位が丁度良い。

欲を言えば、もう少し腰周りに幼さが残っている造形であればさらにGJ!でした。

近頃の価格の高騰、品質の不安定化を見ると、フィギュアとは言え世界経済に左右される物かと思ってみたり。

でわ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/15

ヒメクリ イメージガール・モーダ・ビアンカ(ホワイトペイントVer.)

001_17

原型制作:榎木ともひで

イラスト:吉崎観音

2005年末、黒Ver.が発売され話題をさらった、

「海洋堂なのに……塗り肌じゃない!

そんな一品の白Ver.も、吉崎絵と榎木節が高次元で融合し、この上ないきゃわいさを実現した、紛う事無き逸品です。

002_19 

003_15

004_17 

005_18

筆者には付け入る隙が見つけられません。

ちょっと俯瞰。

006_17

007_15

008_31

009_4

同じ絵をUPしてるような気もしますが、筆者既に盲目な為判らなくなっております。

ところで、だ……

010_1

スカートめくり上げは良いとして、やっぱりオレンジ色のコード?が気になるるるる~。

アレでしょ?アレ!ぴん

     _, ,_  パーン
 ( ‘д‘)
  ⊂彡☆))Д´)

011_2

それにしても、コサージュや、服のシワやレースにベルト類のモールドが実に良い。勿論、おパントゥのシワも、筋彫り一刀斎よりもコチラのほうが数倍エロ~く感じますな。

黒Ver.は断腸の思いでスルーに成功したが、白Ver.は無理だった……

店頭で目が合ってしまって、気がついたら写真撮影……

でも、楽しかった。

でわ!

黒Ver.は

萌えよ!アキバ人ブログ」さん。

日々の生活」さん。

でご覧下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/13

コナミ 「メカ娘Vol.1 帝国海軍 震電 試作機械化局地航空兵」

001_11

「帝国海軍 震電 試作機械化局地航空兵」

メカ娘第一弾のラインナップ中では、最も馴染みの深い機体ではないでしょうか。

元ネタはコチラ

002_10

シューティングゲーム好きで且つ、回避命!なプレイヤーは一度は使用したことがあるでしょう。筆者も震電のファン。

帝国軍所属らしく、ミニ巫女装束なのもポイント高し。

003_10

004_12

005_12

太ももから下に、メカ色が大分強く出ていますね。好みの分かれるところでしょうが、筆者的にはコレが良い。

「P-60」、「Ms-462」にも共通することですが、付属品をしっかりと持たせることが出来ないのが非常に残念。ひっかけているだけでは、うっかりしているとどこかになくしてしまいそうです。

006_11

久しぶりにスカートパージ!ローレグは無論のこと、紐ぱんでした。褌みたいな感じかな?

007_8

008_4

レアカラーバージョンは、予定があったとか、噂に過ぎないとか、諸説あるジェット戦闘機「震電改」です。

装束の色変えは勿論、一部造形違いでプロペラ部がジェットエンジンに変わっています。

雷のマーキングも極まっていますね。

009_3

これにて一先ず、第一弾全8種の紹介は終了。まもなく発売される第二弾に期待がかかります。

1BOXフルコンプは無理そうだけど……

でわ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/11

コナミ 「メカ娘Vol.1 イギリス陸軍 バレンタイン 機械化走行歩兵」

001_10

「イギリス陸軍 バレンタイン 機械化走行歩兵」

元ネタは、そのまま「ヴァランタイン歩兵戦車」から。小型砲塔が特徴で、信頼性の高い戦車であったと言う。名前の由来もバレンタインデーからだとか?002_9

003_9

004_11

005_11

でこ・きょぬー・絶対領域。素晴らしい!

とりあえずそのチョコ下さい。

006_10

やはり極ミニなので、ちょっと見上げるだけで……

絶景かな!

007_7

008_3

ガンダムマーカーで墨入れしたり、スリットを切り込んでみたり。

009_2

そして凸にはメガネでしょう!

でわ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/09

コナミ 「メカ娘Vol.1 フランス空軍 Ms-462 高等訓練機」

001_9

「フランス空軍 Ms-462  高等訓練機」

彼女は兵士ではなく、新兵を育成する指導教官を兼ねた整備兵との事。

お世話好きなメイド教官……(*´▽`*)

多分元ネタはここら辺かと。詳しい方がいましたら教えてください。

002_8

3突さんと同じくメガネパーツが付属しますが、やはりエッチングパーツに換装。

そして、メガネを外してもカワエェ。

003_8

004_10

005_10

元絵(ここ参照)は、しっぽでスカートがめくれ上がって縞ぱん全開なんですが、よいこのコナーミさんは許可してくれなかった模様……残念。

006_9

レアカラーバージョン。機体の色は同じ、もうちょっと違いをつけて欲しかったかな。

007_6

でわ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/07

コナミ 「メカ娘Vol.1 ドイツ陸軍 3号突撃走行歩兵G型」

001_8

「ドイツ陸軍 3号突撃走行歩兵G型」

通称:3突さん

元ネタはコチラ

献身的なメガネっ娘です。実機は旋回砲塔を待たない戦車でしたが、彼女は細々と働いてくれるでしょう。そんな気がします。

付属のメガネパーツがどうにもゴーグルにしか見えないので、

003_7

メガネを外して……(*´д`*)

002_7

エッチングパーツに換装。うむ、良くなりました。

004_9

005_9

006_8

007_5

やはり突撃砲が目立ちますね。乙女に大型武器って、何でこんなに萌えるのでしょうか?

008_2

ワンピースの為、スカート外しは不可。ですが、極マイクロなのでこんなになっちゃてます。

メカメカしい部分と、ナマナマしい箇所の対比がもう……

それにしても、作りこみがイイナァ。

010

011_1

コチラさんは、レアカラーバージョン。楕円メガネをチョイス。

009_1

でわ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/05

コナミ 「メカ娘Vol.1 ソビエト空軍 P-60 試作機械化航空歩兵」

発売の迫る第二弾に向けて、再販も行われる第一弾を、一度に出すには勿体無いので、小出しに娘さん達をレビュー!

005_14

「ソビエト空軍 P-60 試作機械化航空歩兵」

つるぺた、金髪、白い肌。黒い衣装によく映えます。

ねこ耳(レーダー?)も激カワユス。

001_16

002_12

003_20 

004_20

“娘”部分だけでなく、“メカ”部分も良く出来ているのがこの商品の人気の要因でしょう。

“やまとの奇跡”とか“コナミ最後の良心”等色々言われております。

007_11

スカートは当然外せますが、パンスト?の所為か黒くて判別付きづらいです。

が、当然ローレグ!

島田フミカネ氏はローレグ!

でわ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/03

キャラアニ 「GIRLSブラボー ミハル」

エロスです!よいこのキャラアニがこんなモノを出すなんて。しかも、福袋に入れちゃうなんて!

“ミハル”と言うと、ガンダムを想像する俺おっさん。

001_5

002_4

003_4

004_8

アニメ版基準ですね。まりお金田氏の作画よりも、むっちり感大幅UP!

005_6

006_5 

たわわんのぼいんぼいん!

008_1

安産型です。

007_3

モロ下着艶姿な訳ですが、やはりあのバミューダトライアングルの深淵には漢の浪漫が眠っています。

で……今回、商品付属のベースでは無く、ホームセンターで買ってきたアクリルクリアベースにしてみたのですが、ついでに買ってきたミラーベースにも換えてみました。

009

「おかしいですよカテジナさん!」

でわ!

日々の生活」さん。

萌えよ!アキバ人ブログ」さん。

も、レビューされています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/01

とらのあな PalmCharactersパームキャラクターズ くじびきアンバランス

006_4

他の作品は持ってないから知らないが、シクレの幼女律ちゃんだけはガチ!

001_3

002_3

003_3

004_4

どこから見ても、幼女です。

005_5

白タイツですが、コレでイインデス!

007_2

左はやまとの律ちゃん。良くぞここまで育ったものです。それでも、律ちゃんを選ばない千尋は……千尋わぁー!

でわ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »