« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006/01/30

月刊電撃コミックガオ! 2006年3月号特別付録 「奥さまは魔法少女」”アニエス・ベル”

001_4

浅羽嬉子さんこと、アニエス・ベルです。サイズは通常の200円サイズと同じと言ったところでしょうか。しかし、雑誌付録とはいえ手は抜いておらずなかなかの出来となっています。

原型は「東海村源八」さん。

アニメをさっぱり見ていない筆者も魔法にかけられ、気づいたらレジ前に立っていましたとさ。

002_4

塗りが荒いと言ったことも無く、グラデも入っていたりで付録レベルは超えていますね。

003_5

造形も良く、マントの翻りも気持ち良く再現されています。

004_5

うしろ姿にも隙は無いですね。チラリ尻がよろしいようで。

005_3

007_1

マントは着脱自在。外すことによってその刺激的の胸元があらわに!

キスは駄目でも、おぱーいちゅ~くらいは許していただけないでしょうか?嬉子さん!

006_7

でもやっぱり、お尻もイイよね!

それにしても、このサイズでこの尻肉のねじれ食い込みを表現するとは……侮りがたし!

今回も、お尻〆

でわ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/28

ケロロ軍曹10巻 パワード夏美パック

  Photo_42

ケロロ軍曹10巻初回限定版として発売された商品。

見た目はまんまバンダイの「GUNDAM FIX FIGURATION」ですが、コチラはメガハウス謹製「KERORO BOX FIGURATION」だそうな。

Photo_43

中身は先に紹介したケローボールメモリーズのパワード夏美とは武装が違ったり、細かい部分のマーキングがタンポ印刷で再現されています。

Photo_46

サイズは大きくは無いが、スク水のシワにこだわりを感じます。

Photo_47

Photo_48

Photo_49

見れば見るほど、カトキハジメ徹底監修~な感じですね。マーキングのセンス、墨の入れ方、吉崎観音氏とカトキハジメ氏は漫画を拝見する限りでは仲が良さ気ですが、そうでないとココまでこだわれないのかな?

Photo_51

GFFと言えばのコンパチ仕様もあるわけで、脱アーマーのノーマルスク水に換装する事も可能です。

が、スイマセン。今回は割愛させていただきます。

でわ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/26

メガハウス エクセレントモデルCORE「巨乳暴れん坊巫女 こより」

001_3

《2006MVF》早々に決定か!

メガハウスから発売された、「戦国キャノン 巨乳暴れん坊巫女こより」です。

PSPソフト「戦国キャノン」にプレイヤーキャラとして登場する彼女を、絵師「司淳」の描く独特な雰囲気まで見事に立体化しています。もはや奇跡です!

002_3

003_2

文句なしの作りこみ、ため息しか出ません。

004_4

ゴーグルも細部まで気が行き届いています。クリアパーツです。

005_2

後姿も決まります。袴の、お尻の盛り上がりからのライン取りが秀逸。

006_6

各部の整合性も良く、不自然な隙間が極力出来ないようになっています。

020

こーゆー隙間はダイスキデス!

……で、

018_1   019

軟質なPVCパーツで出来ている巫女装束は、取り外しが出来るわけで……

013

ばーん!

017

ばばーん!

016

そして尻!

何?このミニマムな褌は( ゚∀゚)=3

スイマセン。チキン坊やな筆者にはコレが限界です。これ以上はココログさんから何を言われるか分かりません。申し訳ない……

でわ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/24

メガハウス 「ケロロ軍曹 ケロボールメモリーズ」

  メガハウスより発売された商品。外箱が作中に出てくる「ケローボール」となっており、それを開けると想い出のワンシーンがあふれ出すって言う事ですね。

Photo_34

写真は、「パワード夏美&ギロロ伍長」です。本体は台座をはみ出し、二本の支柱の微妙なバランスで倒れずに立っています。この作品で最も感動した部分かも。

Photo_35

まぁ、よくコレだけのバランスを保てるなと。

で、ギロロ伍長ちょっとスイマセン……

Photo_36

夏美殿から離れてください!

Photo_38

シールド裏のモールドが何気に凝ってて、ぐぐっと来ます。

ビームサーベルのクリアー化も抜かりないですね。

Photo_39

Photo_40

「メカ+おにゃのこ」が好きな筆者には、満足の一品です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/22

ユージン SR 「ゾイドギャルズコレクション」

Photo_25

アニメ他、「ZOIDS」シリーズのヒロインたちを水着姿で立体化した、冬の寒さも吹っ飛ばっす作品です。

写真は「ZOIDS」のヒロイン「フィーネ」が驚くべき発育を遂げ、我々の度肝を抜いた、アニメ第二部の姿です。(ちなみにシークレット。ノーマルはパレオがクリアーじゃない。)

Photo_26

パレオを外すとローレグ!下腹部の、ふくらみエロスを満喫。

そしてコチラは、数年前に発売された、SRDXの「フィーネ」です。

Photo_28

サイズUPに伴い、むちむち指数も大幅UP!

Photo_29

後方よりの眺め……はいてない?

Photo_30

パレオを外すと……ふ、ふんどし!

Photo_31

素晴らしいメコンデルタは、筆者の心に豊穣の安らぎを与えてくれます。

Photo_32

で、バックショット。食い込みにも程がある!

ぶりん、ぶりんっ。むちむちぃぃ……原型師の「佐藤弘」さんは分かっている人でした。

今回もお尻〆

でわ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/20

バンダイ 「シャッフルギャラリー」

アニメも好評の内に終了した、「SHUFFLE!」のキャラを、イラストを切り出したかの如く巧く立体化した商品。

とは言っても筆者、20話を一回見たきりでその前後を見たことがありません!が、誰か足らないような気もしますが、張り切ってイキマース。

001_2

先ずは、魔王の一人娘「ネリネ」スク水です。バンダイさんは分かってらっしゃいます。

002_2

筆者も、破壊力抜群の魔法でイチコロであります。

Photo_20

私たちは重力に感謝しなくてはならない。何故ならたわわに実り、大地に垂れるこの二つの甘蜜の果実を拝むことが出来るからだ。

Photo_21

次は、主人公に一途な思いを重ねる、「芙蓉 楓」白ワンピにオタマ、何か良いですね。

Photo_22

彼女もなかなか良い物をお持ちのようで……脇からこぼれ出るヨコ乳が( ゚∀゚)=3

この商品、眺めるアングルを選ぶようでして、アングルを間違うと……

Photo_23

「凛……、一緒……死ん……さい……」

手に持ってるのがオタマだから良いものの、包丁だったら洒落になりません!

このまま終るのもアレなので、最後はこれで締め。

Photo_24

右尻のはみ出しぷりんサイコー!

でわ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/18

セガ エヴァンゲリオン パジャマタイム

001_1

セガプライズより数年前にリリースされた、ビジュアルパッケージフィギュア パジャマタイムです。アスカとレイの二人がシンちゃんをパジャマで誘惑するとか、なんとか……

002_1

顔の造りに時代を感じます。ちょっと古いですね。

003_1

そんなことより、中学生なのにこのけしからんバデェーはナンジャコラ!

(゜∀゜)イイじゃないか!

004_3

気持ち、アスカより控えめでしょうか?

005_1

このポーズと、視線は勘ぐりたくなりますって!ねぇ?

視線の向こうには誰がいるのかしら?

006_2

そして、Yシャツの裾の割れ目の隙間からちらりと見えるおぱんちゅに合掌……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/14

バンダイ 「いとうのいぢコレクション」

筆者個人的に「涼宮ハルヒ~」でおなじみの、いとうのいぢの描くイラストを立体化した作品。全4種「灼眼のシャナ」から2種、画集「紅蓮」より2種ラインナップ。

写真は、シャナ水着ver.

Dsc00711

氏の描くキャラのイメージを良く捕らえた造型だと思います。

ひょろっと細い感じがgood!

Dsc00712

元絵が立体向きでないんで、ヴューポイントは限定されそう。

Dsc00713

人形は顔が命です。と言うが、再現度高しです。原型師さん、量産責任者さん、

d( ゚ー゚) GJ!

是非、第二弾ハルヒ箱をお願いします。みくるたん大盛りで!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/12

バンダイ 「七尾奈留セレクション」

人気絵師、「七尾奈留」のイラストを立体化した商品。膝より下を省略して、見せ場を限定するといった試みが面白い。

Photo_10

写真は全4種の内、冬のイメージイラストより。

サンタ少女ですね。

Photo_11

写真を撮って気づいたが、こっちの角度の方が筆者的にはツボかも。

Photo_12

バンダイクオリティなんて言われますが、悪くないと思いますよ。むしろ良い方かと。

Photo_14

プレゼントは、ワ・タ(ry

いい加減にしときます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/10

yujin SR 「株で行こう!」 箱入りかぶたん

おなまえかぶたんに続き、結局また回してきちゃいました。

Photo_6

「箱入りかぶたん」です。NOT FOR SALE!なのです。

和服と、このポーズが相まって、クビの少しの可動で表情が変わる面白い作品です。

Photo_7

上から見下ろしてツーンとしてみたり、

Photo_8

「ぃや……」と照れてみたり、

Photo_9

「ふーん、そうですか。」とまたまたツーンとしたりと、筆者脳内では”ツンデレ”認定です。

デフォルメながら中々表情豊かで、飽きが来ない遊び方が出来そうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/08

yujin SR 「株で行こう!」 おなまえかぶたん

yujin 「株で行こう!」の「おなまえかぶたん」です。ガチャベンダーが「回してください。」と呼びかけるので、つい回してしまいました。

Photo_5

結構イイできかと。

Photo_1

ここに名前を書き込めば、よろしいのかな?

Photo_2

ないんペタンでありますが、何かそそられるものが……

Photo_4

何故だろう?なぜ私はお尻に惹かれるのだろう?

で、ありまして。この尻谷間によってお気に入りにランクインが決定!

もう一回くらい回してこようかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/06

レジェンドオブレムネア トレーディングフィギュア

コミックノーラ(現在休刊)にて、うるし原智志氏が連載していた、「レジェンドオブレムネア」のヒロイン、レムネアを立体化した商品。単行本全3巻を持っている筆者は買わずにはいらいでか!

001

よつばい寝そべりポーズ。単純が故にその破壊力は大きい。

002

うるし原作品といえば、おぱーいです。谷間は絶景、ぽっちはもちろんビンビンデス。

003

腰のラインが、ぐぐっと来ます。そそります。

004_2 

そして尻!筆者手持ちのフィギュアの中でも3傑に入るお尻であります!

臀部、両太ももの間に出来る、三角の隙間に( ゚∀゚)=3

で、外箱をみると、「スカートが外せます。」とわざわざ書いてあるので……

005

外しましたとも!そりゃもう、なんだこれ?

エロス(゚∀゚)!

006

そして、尻!てか、このアングルww

「レジェンドオブレムネア」に特別な思いがある方なら、買って損は無い商品だと思います。

レムネア4種に、もちろんリアンもいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/04

ドラゴンマガジン付録 「宮間夕菜」

Yuuna001

月刊ドラゴンマガジンに付録として付いてきた、「まぶらほ」のヒロイン「宮間夕菜」のフィギュアです。付録としては結構な出来であったと思います。自立できない、バランスが取り難い、のが玉に瑕ですが……

Yuuna002_3

髪の毛のボリュームが凄い事になっています。何もここまで元絵を再現しなくても。と言うくらいに!

Yuuna003 

筆者的にはこの角度がツボ。前の写真と大差ないようですが、微妙なこだわり。

Yuuna004_1

しろ!(三村マサカズっぽく)

一枚目の写真からチラッと見えてたんですがね。なんてーかコレ……ピントがw

うむ、2004年の作品とは思えない出来です。ですが、ですがですね。富士見書房さん?できたらでよろしいのですが、凛ちゃんフィギュアを付録して欲しいなぁーって、思ったり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/02

カプコンファイティングジャム

MAXFACTORY発売の商品。

ファイナルファイト」のキャラ、武神流の使い手「ガイ」です。

Gai001_1

メリハリの効いた筋肉が美しい。

Gai003_1 

ガシガシ動かせて、様々なポーズが決められます。

Gai004

「ハァッ!」

腰に支柱を刺して、空中技をきめる事も可能!

で、せっかくですので……

Maya001_1 

海洋堂「天上天下」フィギュアシリーズパート2

棗剛真流の「棗真夜」さんと対決してもらいました。

Gm_1 

「可動検討課」VS「山口式可動」は如何でしょうか?MAXも健闘していますが、やはり山口式は凄いですね。

さて、全7種の内6種が男キャラな、素晴らしいラインナップのこの商品。でも、コレはコレで良いかも。

もしパート2があるなら、春麗、キャミー、モリガン等女性キャラ満載でも良いんですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »